4a50bf1b109410bf63a9453574c221d3b3cf65282a1934c0db7dab507779?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190425%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190425t004229z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=fb71c0ec5bd8c6ee2d250d12e1ae00cc2d9b54168ff9f74485ff850d8997765d

世界15カ国で翻訳された北欧グラフィックノベルの傑作
シリア内戦下に生きる少女の物語『ZENOBIA』を翻訳出版したい!

ジャーナリストの堀 潤さんより応援メッセージをいただきました。「もう片思いはやめよう。」

先日、ヨルダンにあるザアタリ難民キャンプを訪ねました。
内戦から8年が経った今も8万人近くのシリア人の皆さんが砂漠に作られたこのキャンプで避難生活を送っています。

現地を訪れるとすれ違うシリア人の皆さんが笑顔で、「ありがとう!」と手を振りながら挨拶をしてくれます。
子どもたちは「ヤバーニ!!ヤバーニ!!」といって駆け寄ってきてくれます。
ヤバーニとはアラビア語で「日本人」という意味です。

プレハブで作られた家や広大な敷地に連なっています。限られた空間で家族が身を寄せ合って生きています。
ザアタリ生まれの子どもたちもいます。
限られた物資、限られた教育、見通しのきかない生活。
爆撃が続く中、命からがらここにたどり着いたこどもたち。家族や友人の死を目の前で見てしまった子どもたち。
大好きな父親が逮捕され連絡がつかないという子も。

家を訪ねると、厳しい生活にも関わらず「これを食べて」「これを飲んで」と最大限のもてなしをしてくれます。
温かい甘い紅茶を飲みながら、彼らは日本のことについても知っている限りを話してくれて、そして感謝をしてくれます。
戦争に負け、焼け野原になったこと。原爆で沢山の人が亡くなったけど復興したこと。経済的に豊かになり、その豊かさを人道支援に役立てていること。彼らは色々な「日本」を語り、そして敬意を示してくれます。

私たちは語ることができるでしょうか。シリアのことを。人々の暮らしや文化や歴史を知っているでしょうか。
多くの人たちが恐怖と孤立の中で、日本人にメッセージを送ってきたことを。
知って欲しい。
この絵本にはその第一歩となる物語が描かれています。
多くの人たちに届いて欲しい。もう片思いはやめよう。

 

撮影:Orangeparfait

 

ジャーナリスト 堀 潤(ほり じゅん)

1977年生まれ。ジャーナリスト。2001年NHK入局。「ニュースウォッチ9」リポーター、「Bizスポ」キャスター、「ニッポンのジレンマ」初代MC。2012年、米国ロサンゼルスのUCLAで客員研究員、日米の原発メルトダウン事故を追ったドキュメンタリー映画「変身 Metamorphosis」を制作(京都国際インディーズ映画祭特別賞)。2013年、NHKを退局しNPO法人「8bitNews」代表に。2017年、株式会社「GARDEN」設立。個人やNGO /NPOなどの発信支援のメディアを運営。現在、TOKYO MX「モーニングCROSS」キャスター、J-WAVE「JAM THE WORLD」ナビゲーター、dTVチャンネル「NewsX」キャスター、フジテレビ「ワイドナショー」、AbemaTV「Abema Prime」コメンテーター、WEB「Forbes Japan」Official Columnist、雑誌「anan」、「ジュニアエラ」、「月刊Journalism」など多数連載中。著書に角川書店「変身 Metamorphhosis」、講談社「僕がメディアで伝えたいこと」、幻冬社「僕らのニュースルーム革命」、朝日新聞出版「伝える人になろう講座」など。

 

2019/02/12 15:01