7cca84d8695a9d0b22115a7de28e3b79b5b179ce4453e89d003717004cc7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20181212%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20181212t130428z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=8fe3e885ab09956a740d8d54516c4c4d2dce76fb4dcff558610cec65d261f5d9

誰でも、今すぐ動画のプロに。
世界最小クラスのジンバル「Snoppa Atom」

7aa608ef84c1db951669d7b302919ec74881359b6494506c605189749750?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20181212%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20181212t130428z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=8ac39165f9126418dc0b0db4269d95cb65f8695d4863c98feb12118537df7841

Snoppa Atomは世界最小クラスのジンバル。

 

ポケットサイズで簡単に持ち運べ、外でもジンバルを使った撮影を簡単に行うことができます。

 

また、操作も直感的。

スマートフォンの性能をフルに生かした映像撮影を、片手で行うことができます。

 

スマホを使って友達との思い出を動画で残したい。

旅の様子を動画に撮っておきたい。

でも、撮り終わって見返したら、かなりブレブレ・・・

 

SNSにもっとスマートな動画をUPしたい。

プロみたいな撮影を簡単にできたら・・・

 

LINEやFacebookでビデオ通話をしたいけど、ずっとスマホを持ちながら話すのは面倒。

歩きながら話してるとブレててせっかくのビデオ通話が意味がない・・・

 

クオリティの高い動画を作りたい。

高画質な映像が撮れるスマホは持っているけど、本格的なカメラ機材は高いし、何かと技術が必要。

もっと安く簡単に映像のクオリティを上げることができたら・・・

 

そんな動画の悩みを全て解決してくれるのが、SNOPPA ATOM(スノッパ アトム)です。

ジンバルとは、カメラをブレずにスムーズに動かすための機材です。

元はテレビ局や映像製作会社が使うようなプロ志向の機材で、値段も非常に高価でしたが、SNOPPAはそのクオリティのまま低単価で開発することに成功。

 

皆さんが持っているスマホで、さらに簡単に、プロが撮ったようなクオリティの高い映像が撮れるのがSNOPPAのジンバルなのです。

【ジンバル動画】

 

SNOPPA ATOMの最も大きな特徴はそのサイズ。

本体を小さく折りたたむことができ、ポケットに入るくらいのサイズにすることができます。

 

他のジンバルと比べても圧倒的なコンパクトさ。

大きなケースに入れて持ち運ぶ必要もなく、どこでも本格的な撮影が可能になります。

 

スマホでの動画撮影時に気になるのは、スマホの充電。

しかし、ATOMを使う場合はそんな心配は全く必要ありません。

 

SNOPPA ATOMはスマホホルダー部にワイヤレスチャージ機能を搭載。

iPhoneXS、X、8、Pixel3、Galaxy S9などのワイヤレス充電機能を備えたスマホで撮影する場合は、ジンバル本体からの給電がボタン1つで可能になります。

 

また、ワイヤレス充電機能がないスマートフォンでは、有線で充電することもできます。

 

ケーブルが干渉しないように設計されており、有線充電中でも自由な動きが実現できます。

(USB typeCとライトニングケーブルは本体に付属されております。)

 

 

また、本体のバッテリーは24時間駆動。普段の撮影くらいなら、1日余裕で持ちます。

ジンバルの充電がなくなる心配も必要ありません。

 

ATOMなら縦撮りも簡単。

ジンバルのボタン1つで縦撮りモードにすることができます。

 

専用アプリと連携することで、ズームやフォーカスなども簡単に行うことができます。

 

写真と動画の切り替えだけでなく、カメラのISO、シャッタースピード、本体ボタンのカスタマイズ(どの機能をどのボタンに当てはめるか)もアプリ上で調節可能です。

マニュアル設定もアプリで簡単にでき、

より、撮りたい構図を直感的に撮れるようになったのがSNOPPAのジンバルなのです。

 

SNOPPAの魅力はそれだけではありません。

顔や物をアプリに認識させれば、ジンバルが自動的に追従します。

1人でダンスの練習をしたいとき、

急に動くペットの撮影をしたいとき、

自由に動くスポーツの撮影をしたいとき、

ジンバルを置いたままでも自動的に追従してくれるので、撮りたいシーンを逃すことはありません。

 

iPhoneXSはもちろん、iPhoneXS MAX等の大きなスマホにも対応。

スマホ用レンズや、スマホケースをつけている状態でもフィットします。

(下記対応サイズをご参照ください。)

 

また、マウントにはGoPro等のアクションカムも搭載することができます。

 

ATOM本体にはマイクジャックが搭載されており、マイクを接続することができます。

特に野外でスマホで撮影すると風切り音がひどいときや、インタビューを行うときなどで、より本格的な映像撮影ができるようになります。

(スマートフォンとの連携には、スマートフォンとATOMを有線でつなぐ必要があります。)

 

ATOMのデザインは、最も直感的な操作ができるよう設計されています。

アプリのキーコンフィグを使うことで、一部ボタンを自分でカスタマイズできるところも特徴です。

 

今日に至るまで多くのスマホ用ジンバルが開発されてきましたが、ほとんどのスマホが以下のような問題をかかっていました。

・ジンバルを起動する前にバランス調整をする必要があり、手間がかかる

・スマホの電源ポートやイヤホンジャックをモーター部がふさいでしまう

・ジンバルのマウントクランプが、スマホの電源ボタンや音量ボタンを挟んでしまう

 

これらの問題を解決すべく、ATOMは既存のスマホ用ジンバルのデザインを一新。

 

新しいアーム設計

ATOMは従来当たり前だったアームのデザインを変更。

独自のアーム設計を行うことで、スマホの電源ポートやイヤホンジャックを隠してしまう問題を解決しました。

 

更にこのアームにより、スムーズな縦撮り変形を行うこともできるようになりました。

 

細かい部分まで目を向けた設計

クランプゴム部分には切り欠きを入れてスマホの電源ボタンや音量ボタンの誤操作を避けています。

 

クランプでスマホを挟むのが難しいのが従来機の悩み。

ATOMでは挟みやすいよう、取手になる部分を設計しました。

リストストラップを取り付けることで落下を防止します。

底面1/4インチネジ穴は、三脚取付にも非常に役立ちます。

 

また、収納状態では、ジンバルアームを一定位置で固定することができます。

バッグやポケットの中でジンバルが暴れることなく、スマートに収納することが可能です。

 

 

SNOPPAではより撮影の幅を広げる公式オプション品の開発も行っています。

 

・ワイドアングルレンズ

また、SNOPPAはスマホ用110°ワイドアングルレンズを開発。

スマートフォンに取り付けることによってより広角な映像が撮れます。

・B270光学ガラス

・複層コーティング

・7630アルミニウム合金

・焦点距離16mm

・視野角110°

・倍率0.5×

・光学歪み<2%

・サイズ:40*22mm

・重さ:49g(バネクリップ付き60g、Uクリップ付き71g)

 

・専用マイク

ジンバルに取り付けることで、より洗練された音声収録ができます。

・コネクター:3.5mm

・周波数:18kHz~35kHz

・シグナル/ノイズ:74dB

・重さ:21g

 

・ミニ三脚

ATOMの底部にある1/4ネジ穴で固定することができる三脚です。

ATOMを固定したり、より安定した状態でジンバルを使うことができるようになります。

 

SNOPPA純正オプションはクラウドファンディング期間中のみ割引価格で支援いただけます!

是非ATOMと一緒にお買い求めください。

SNOPPAは中国、深圳に位置するハードウェアテクノロジーの会社です。

彼らの開発するジンバルは圧倒的性能とセンスで、海外クラウドファンディング「INDIEGOGO」では約150万ドル(日本円にして約1億7千万円)の調達に成功。

日本でも一眼レフ用ジンバルで2500万近くを集めています。

また、日本のGOOD DESING賞、ドイツのREDDOT AWARD、アメリカのIDEA大賞などデザイン部門でも賞を多く獲得。

売り上げ台数で既存のジンバルメーカーを次々と追い抜き、いま最も勢いのあるジンバルメーカーと言われており、業界内でも注目を集めています。

 

クラウドファンディングスタート:11月9日

クラウドファンディング終了:12月15日

お届け:12月末以降

※今回のリターンは「ブラックカラー」のみとなります。