458ef8e2dab650086f0a5198cb9a02c47a7c2e4c4c01a523233b76d62c79?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190917%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190917t012024z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=a56d1891abca45a07970ce2d517882307137976058b4789bf88122b67824fa0c

新しい家族を待つシニア動物たちがシェルターで快適に過ごすために!

篠山アーク

皆様の温かいご支援のおかげで目標を達成することができましたクラウドファンディングも残り1週間となりました。

第2目標達成に向け、今回は篠山アークについてご紹介したいと思います。

篠山アークの犬舎は完全室内で、犬が快適に暮らせるようにエアコンが設置された部屋が半数あり、全部屋に床暖房が設置されています。

篠山は周囲に陽射しを遮るものがなく開けた場所にあるため、能勢と比べてもより暑さや寒さが厳しい環境にあります。そのため夏はエアコン、冬は床暖房を使用しています。
暑さや寒さに弱い老犬に優しい環境になっており、篠山にいる犬の半数以上が10歳を越えるシニアです。


(16歳の柴犬のオークは、この度めでたくアークを卒業しました!)

床はタイル張りで掃除がしやすく、水はけも良いため、皮膚の弱い犬にも適しています。

ウィリアムは身体のあちこちに膿皮症ができ、脱毛と痒みがひどく、エリザベスカラーをした状態で、能勢から篠山へ移動してきました。

痒みは非常にストレスになるため、内服と毎週のシャンプーが欠かせませんでしたが、現在はカラーも薬も毎週のシャンプーも不要になるほど改善しました。

image1.jpeg
(ツヤツヤの毛並みがきれいなウィリアム)

またシェルターの様な多頭飼育の施設では、常に他の犬の存在を感じながら生活しなければいけなく、犬が苦手な子にとっては、特にストレスの要因になります。

フェンスで作られた犬舎は隣がよく見えるため、他の犬に対して吠える、怯えるなど、
常に周りが気になり落ち着くことができません。

篠山の犬舎は、隣の犬舎との境がしっかりとしたコンクリートで仕切られているので、
他の犬の存在を気にせずに落ち着くことができます。

ロードは放浪していた所を保護され4年前にアークへ来ましたが、繊細な性格で他の犬を見ると興奮する為、常に他の犬の声が聞こえ、目の前を人や犬がひっきりなしに通るような能勢では全く落ち着く事ができず、どんどん痩せていきました。


(ガリガリに痩せてしまった時のロード)

病気も疑い検査もしましたが問題はなく、やはりストレスが原因だろうとの事で、篠山アークへ移動する事にしました。

篠山では、毎日大好きなドッグランで走り回り、犬舎でもベッドで寝ている姿をよく見るようになり、一時は14kg台まで落ちてしまった体重も今では20kgになり、筋肉ムキムキの細マッチョになっています。


(現在のムキムキなロード)

ペレもロードと同じで能勢では、常に興奮して落ち着く事ができませんでしたが、篠山に来て、外の様子が見えにくい犬舎に移動してからは、ヘソ天して寝たり、暑い夏は毎日川で楽しそうに泳いでいます。

どの子も温かい家庭に迎えてもらうのが一番の幸せで、私達の一番の目標です。

それまでの間シェルターで少しでも穏やかに、少しでもストレスなく過ごしてほしい。
笑顔で過ごしてほしいという想いで、日々動物たちの行動や健康状態を観察し、アークでできる最善を尽くすよう努力しています。

今回紹介した、オーク、ロード、ペレは、第2目標にも設定している、アークカレンダーに登場しており、その愛らしい姿を披露してくれる予定です。

引き続き応援よろしくお願い致します!

2019/08/11 17:04